※再生開始時は、音声をミュートしています。再生画面左下のアイコン(スピーカー)で解除してください。

VMworld 2020 Japan オンデマンドライブラリ

どこまで知っていますか?
Kubernetes・マルチクラウド・AI
今知って欲しい 3 つのキーワードで語る vRealize 運用監視最前線

再生時間 38:47
CL1116
  • ヴイエムウェア株式会社
    ソリューション技術本部
    クラウドプラットフォーム技術部
    クラウドスペシャリスト
    京野 英司

VMware vRealize Operations は登場以来、これまで約10年にわたりお客様の仮想インフラ基盤運用を支えてきました。その間、基盤はオンプレミスからクラウドへ、ワークロードは仮想マシンからコンテナへ、運用は手動から自動化へと様々な進化を遂げています。VMware のビジョンやソリューションにアラインしながら、こうした市場の変化に適応を続けてきた vRealize Operations は、今年の10月に最新バージョン 8.2 がリリースされました。本セッションでは、デモを交えながら vRealize Operations の最新の姿をご紹介します。

カテゴリ

セッションタイプ

キーワード

TOP