ライブ
MC11403

東芝の事業再編の経験から生まれた仮想プライベートデータセンター(VPD)

VPDを実現するクラウドマネージドサービス

カテゴリ

コンテンツタイプ

キーワード

ビジネス環境の変化に対応した事業再編により、売上管理や勤務管理など全社共通の業務システムを利用している部門が新たな企業として独立するには、期限までにデータセンターやIT機器を準備して業務システムやデータを移行する必要があります。本セッションでは、東芝グループの事業再編の経験を踏まえて、短期間でシステムの移行を可能にする仮想プライベートデータセンターについてご紹介します。

  • 東芝デジタルソリューションズ株式会社
    ICTソリューション事業部 マネージドサービス推進部
    エキスパート
    鹿野 市郎

TOP