SpringOne Tour 2020 Japan

VMware Tanzuの製品戦略、グローバル事例を半日で理解

2020年10月22日(木) 13:00 - 17:30 - オンライン開催
本セミナーは終了しました。
オンデマンド視聴はこちら

SpringOne は、現在、VMware のモダンアプリケーション部門である Pivotal が開催する年次イベントです。2020年は VMware の一部門として初めての開催であり、昨今の状況によりオンラインイベントとして実施されました。
本ウェビナーでは、グローバルイベントで実施された基調講演や米国自動車大手フォード、英ブリティッシュ・テレコム、米ステートファーム保険といった世界的企業の導入事例を日本語で視聴いただけます。特に IT マネージャや DX を推進されているお客様向けにわかりやすく解説しています。

※ VMworld 2020 Japan へご登録いただくことで、SpringOne Tour へのお申し込みが完了となります。
ライブおよびオンデマンドセッションをはじめとする VMworld 2020 Japan のすべてのコンテンツをご利用になれます。

開催概要

日程 2020年10月22日(木) 13:00 - 17:30
Googleカレンダに追加 / Outlookカレンダに追加
会場 オンライン(ご視聴方法は後日ご案内します)
主催 ヴイエムウェア株式会社
参加費 無料(事前登録制)

アジェンダ

  • 13:00 - 14:20

    基調講演: Spring、モダンアプリケーション、本番稼働へのニーズ

    New Normal の現代においてどうビジネスを伸ばすか。Spring や Kubernetes といったテクノロジーでどのようにお客様のお役にたてるか、VMware Inc. CEO のパット・ゲルシンガーからお伝えします。また、パートナーであるマイクロソフトとの共同発表、フィンテック企業であるファイサーブ社の CIO からの事例などをお届けします。
    ※字幕付き動画の再生となります。

  • 14:25 - 14:55

    金融業界事例

    VMware Tanzu は、世界中の金融業界でご活用いただいています。本セッションでは米金融サービス大手の TD アメリトレードにおいて Tanzu Application Service を全社プラットフォームとして展開した際のROIについて、また米ステートファーム保険が900個のアプリケーションを4ヶ月あまりで移行した事例等のハイライトを解説します。

  • 14:55 - 15:25

    アプリケーション移行事例

    日本国内においては「2025年の崖」というキーワードで表現されるレガシーシステムの課題を抱えていますが、この課題は日本だけの問題ではありません。海外の企業がどのようにアプリケーションのモダン化を実現したか、英ブリティッシュ・テレコムと独DATEV社の事例をご紹介します。

  • 15:25 - 15:55

    自動車業界事例

    自動車業界は世界的にみても変化に直面している業界です。このセッションでは独メルセデスベンツや米フォードの取り組みをご紹介します。

  • 16:00 - 17:30

    基調講演: デベロッパーのためのプラットフォームの構築とスケール

    2日目の基調講演を字幕付きでお届けします。この基調講演では、Kubernetes の生みの親のひとりであるクレイグ・マクラッキーからコンテナ環境に対するビルド(構築)、実行、管理、監視のライフサイクルをデモを交えながら解説します。また、英ブリティッシュ・テレコムと米金融サービス大手ノーザントラストのビジネスにおけるアプリケーション基盤の変革ストーリーをお届けします。
    ※字幕付き動画の再生となります。

※ VMworld 2020 Japan へご登録いただくことで、SpringOne Tour へのお申し込みが完了となります。
ライブおよびオンデマンドセッションをはじめとする VMworld 2020 Japan のすべてのコンテンツをご利用になれます。

TOP