資料

2020年 Kubernetes の現状

AP2205

企業は俊敏性を高めソフトウェアデリバリを加速し DX を推進するために、Kubernetes やクラウドネイティブテクノロジーを採用し始めています。Kubernetes は2014年にオープンソース化されて以降採用が進み、開発者と運用者双方の作業を簡素化してきました。
本レポートの目的は、今日の企業が Kubernetes をどのように使用しているかを理解し、この技術を最大限に活用するうえで直面する課題を明らかにすることです。また、Kubernetes が主要なステークホルダーに提供するメリット についても検証します。

カテゴリ

キーワード

関連するセッション

オンデマンド配信
Tanzu Observability ~ 監視もよりモダンに
AP1176
ソリューション
ポイント対象
オンデマンド配信
デジタル国家実現に向けた IT 基盤とモダナイゼーション
AP1205
ソリューション
ポイント対象
オンデマンド配信
Tanzu Application Catalog - エンタープライズにおける OSS の活用
AP1171
ソリューション
ポイント対象
オンデマンド配信
「当たり前」からの脱却
AP1180
ソリューション
ポイント対象
オンデマンド配信
Kubernetes 環境における "Cloud Native Readiness (CNR)"
AP1179
ソリューション
ポイント対象
TOP