資料

仮想環境における高可用性実現のポイント

AP2463

企業活動の根幹を支えるアプリケーションがダウンしビジネスへのインパクトが生じた場合、「仮想環境だから」という言い訳は通用しません。
堅牢なる仮想IT環境を構築するにはどのようなポイントを理解し意識していかなければならないのでしょうか?
どこまでの範囲の障害に備えるかの網羅性、障害発生から回復までの迅速性、運用要件や特性に応じた適切性の3つの観点から高可用性の実現方法をご紹介いたします。

関連するセッション

オンデマンド配信
Kubernetes 環境における "Cloud Native Readiness (CNR)"
AP1179
ソリューション
ポイント対象
オンデマンド配信
「当たり前」からの脱却
AP1180
ソリューション
ポイント対象
オンデマンド配信
【vSphere 7対応】VMware環境上での障害対策おすすめ構成
AP1456
ソリューション
ポイント対象
オンデマンド配信
VMware Pivotal Labs による、LeanXP を用いた素早いアジャイル開発
AP1195
テクニカル
ポイント対象
TOP