資料

V4HがHorizon8ではサポート外に!後継製品となるControlUpを紹介

DW2512

【Horizon 8からV4H(vRealize Operations for Horizon)はサポート終了】本コンテンツでは、V4Hの後継製品である次世代運用管理ツール「ControlUp」を分かりやすく解説しています。

「在宅勤務」は、もはや企業の未来を握るキーワード。VDIは企業活動を支える基盤の一つといえます。ただし、VDI利用者の増加は、管理者の運用負荷増加に直結します。DX時代を先駆けるには「守りのITにかかる管理者負担をどれだけ軽減できるか」にシフトしなければなりません。

V4Hの後継として注目を浴びる「ControlUp」。たったの5step、最短10分で強固なオートメーション監視を実現するControlUpが、どのように貴重な人材リソースを救うのか?3つの特徴や、コストパフォーマンスの観点から詳しく解説します。

提供企業: 富士ソフト

関連するセッション

TOP