資料

Rubrikユーザー事例:成城大学様

DW2605

成城大学のメディアネットワークセンターは、10人のチームで6800人を超える学生と教職員に対し常時利用可能なサービスを提供するためのIT環境を運用、2011年の東日本大震災の後、データ保護や事業継続性の重要性を再認識し、データ保護の取り組みを強めました。しかし、導入したデータ保護製品は時間を浪費する“労働集約型”で、仮想環境のバックアップやメンテナンスにリソースが浪費され、復旧には1週間かかることもありました。この課題を解決するために同大学が導入したRubrikのソリューションをご紹介します。

カテゴリ

キーワード

関連するセッション

オンデマンド(ライブ配信分)
SMBでもすぐに始められるDaaSをやってみた
DW1454
テクニカル
ポイント対象
オンデマンド配信
ゼロトラストを意識したセキュアなデバイス利用の実現
DW1446
ソリューション
ポイント対象
オンデマンド配信
ものづくりVDI ~CAD on Horizon 2006~
DW1416
アドバンストテクニカル
ポイント対象
オンデマンド配信
VMware Horizon インスタントクローンへの移行ベストプラクティス
DW1124
アドバンストテクニカル
ポイント対象
TOP