11/11 配信開始
オンデマンド配信

~ 徹底解説 ~ VMware が考える自治体様テレワークの最適解

DW1204
  • ヴイエムウェア株式会社
    公共第二 SE 部
    ソリューションエンジニア
    山﨑 康太

自治体様のテレワークを検討する上では、従来型の三層分離(α パターン)および、端末をインターネット接続環境に配置する新たなモデル(β パターン)を考慮した検討が欠かせません。これらのパターンでは閉域 SIM やインターネット接続系を経由したアクセスモデルが示されており、セキュリティクラウドを考慮した接続方法など、構成上の特徴だけでなく、利用者の業務要件、運用保守、セキュリティなど多くの観点や課題を踏まえた、最適なテレワーク手法の検討が必要となります。本セッションでは、VMware Horizon や VMware Workspace ONE などを活用することによって、自治体様のテレワークの最適解をどう実現するのか、徹底解説します。

カテゴリ

セッションタイプ

キーワード

TOP