11/10 配信開始
オンデマンド配信

Kubernetes 環境における "Cloud Native Readiness (CNR)"

AP1179
  • ヴイエムウェア株式会社
    モダンアプリケーションプラットフォーム事業本部
    クラウドネイティブ フィールドエンジニア
    佐藤 寛貴

Cloud Native Readiness とは、組織がクラウドの利点を活用するアプリケーションの構築と実行にクラウドネイティブの原則を適用するアプローチです。これは、Kubernetes におけるアプリケーションとインフラストラクチャを意味します。Kubernetes のインストールや管理だけでは、パズルの一部に過ぎません。
- Kubernetes 上でのプラットフォーム構築 : アプリケーションを実行可能な環境を構築し、開発者に世界標準のエクスペリエンスを提供するための実践的なステップ
- Kubernetes 上でのアプリケーション実行 : Kubernetes ベースのプラットフォームは、その上で実行されるアプリケーションの成功によってのみなし得ます。コスト、規模、効率性など、Kubernetes の多くのメリットを実現するためのベストプラクティス

カテゴリ

セッションタイプ

キーワード

TOP